ASNアクティブシニアネット

日常活動

2018年活動報告

部会同好会

◇◇ 1 ◇◇ 第186回 月例会
【開催日】9月15日(土)【活動時間など】14:0016:45
【参加者数】18人
【活動場所】可美協働センター 講座室
【内  容】
議事に従い、各部会・同好会の活動報告があった。
・学校等交流部会 夏休みのため報告は特になし
・竹細工教室 9月18日(火) 可美協働センター工作室 13:0016:00
・男の料理教室 9月19日(水) 新津協働センター料理室 10:0013:00
(次回予定=10月16日(火)担当:井上)
・Golf三木会 9月20日(木) オーシャンゴルフ倶楽部 9:00集合
・聖地探査会 9月27日(木) 浜松市内の散策 11:00集合 浜松駅バスターミナル
(くるる乗り場)(次回予定=10月19日(金)行き先:掛塚)
・Golf一水会 10月3日(水) 西山ゴルフコース 7:00集合
・天狗の会 10月8日(月) 駅前天狗 18:3020:00
・ウォーキング 10月10日(水) 金谷旧東海道諏訪原城址 JR浜松駅改札口前 9:15集合
・森の会 10月17日(水) 龍山町あいの森 マックスバリュ駐車場9:00には出発
(次回予定=11月16日(金))
・野菜づくりの会(蕎麦作りの会を改称)
野菜づくりの会は新たに参加者を募っています。
・木工クラブ(パーシモン) 3回目の消毒を予定。

◇◇ 2 ◇◇ ショートスピーチ
【内  容】
レーザーで塗膜(塗装)を除去する技術の開発に関わっている鈴木さんの話。
鋼材の錆を防ぐために塗装をする。塗装は10年ほどで劣化する。
再塗装には前の塗装を完全に剥がすのが重要。錆が残ったままの再塗装は効果がない。
レーザーを使った塗装剥離のメリットは、埃が出ない、
光を使うのでショットブラストのような物理的反動がないなどがある。
(要約・佐竹)
【講演者】鈴木(猛)


◇◇ 4 ◇◇ 講演会

【内  容】
ドローンがマスメディアに取り上げられる前からドローンの将来性に注目し、
個人でドローン機材を揃えドローンの活用を探りつづけ、3年前にマルチコプター利用協議会を創設した。

3台の実機を会場に持ち込み、トイドローンの実演でドローンの動きを見せてくれた。
また、ドローンで撮影した映像の紹介も。

ドローンの世界シェアはDJIという中国のメーカーが7割を占めている。
ドローンはアマチュアの利用により広まった。
日本のY社は無線操縦ヘリコプターのトップメーカーだったが
ドローン技術を企業志向の高度化に絞りアマチュアを切り捨てた。

しかしトレンドは汎用技術を使った低価格品による
アマチュア市場への製品の浸透がポイントだった。

ドローンは今後の技術展開の指標となる。
(要約・佐竹)
【講演者】飯尾直樹(テレメック(株))

◇◇ 4 ◇◇ 企業訪問

◇◇ 8 ◇◇ 株式会社キャタラー本社)
【開催日】8月31日(金)【活動時間など】13:5015:50
【参加者】大手、細谷、鈴木(猛)、桑原、清水、古橋、須山、河村、田所
【活動場所】掛川市千浜7800番地 株式会社キャタラー 本社
【活動状況】
車でないとなかなか行けない所であり、大手車、桑原車に分乗、
河村さん・田所さんは各自の車にて会場へ。

対応者:株式会社キャタラー 人事部人財開発室 担当員 立松英俊氏

・始めに円形会議室にて、スライドを見ながら会社案内を聞く。
そのご工場見学。戻って冷たいお茶をいただきながら質疑応答、感想など。
※主要株主:トヨタ自動車57.2%、アイシングループ40.7%、
売上高:2000憶円/年、従業員:単独約1000人、
連結約2000人、自動車用触媒で世界で4位、トヨタ車の80%を占める。
他に活性炭でも40%の市場独占。
☆特徴:技術49%・事務23%・製造28%、技術の中で研究開発
56%・生産技術23%・品質保証21%、社員の親族の入社も認める、
入社3年以内の離職率3%。
★社内研修の講師は勉強のために社員の場合が多いとのことでしたが、
外部講師が必要な時にはASNにも人材(人財)
がいることをお願いして、1時間半の予定が2時間も逗留した。
以上、 
(会社内では無理でも、帰りの会社玄関にて記念写真をと考え、
デジカメを持参してましたが、帰りにはそのことをスッカリ忘れてしまっていました。
面目ありません!)
【報告者】桑原

最新情報&更新情報

アクティブシニアネット15周年記念事業

アクティブシニアネットのメンバーと「未来ネット」、「天狗の会」、「一般参加」の人とトヨタ博物館、吉良町を見学しました。

記念事業

記念事業

アクティブシニアネットについて

  いきいきと、充実したシニアライフを送りたいと希望する中高年の出会いと交流の為のネットワークです。
  交流をベースに、会員の経験、ノウハウ、人脈を活用して積極的に社会参画し、地域社会に貢献することを考え、実行することを目的とします。
 アクティブシニアネットのキーワードは「人生に定年なし」「交流と参画」です。価値あるネットワーク作りを目指しています。

アクティブシニアネットの活動

(1)部会・各種同好会活動
ビジネスサポート部会
大学交流部会
趣味の同好会

(2)月例交流会(毎月第三土曜日午後)
各界著名人及び会員による講演会、
会員の情報交換

(3)企画会(毎月毎月第一土曜日午前)
月例交流会、同好会の企画立案、情報・意見交換

(4)各地区シニアネット、関連機関との交流・連携

▲ページトップに戻る